「主役はサウンド(楽曲)」であること。

これが VETIX RECORDING が20年間、

大切にずっと守り続けてきたモットーです。

いい「サウンド」のために、

アーティストが最も輝く瞬間を作り出す。

いい「サウンド」のために、  

エンジニアもスタジオも流れ作業ではなく、

ひとつひとつの局面で最もアーティストの意思を

活かせるようにサポートをする。

いい「サウンド」のために、

どこよりも、アーティストの側に立って、

丁寧なレコーディングを続けていく。

そんなレコーディングができるスタジオで

あり続けたいと考えています。

 

VETIXのレコーディングパックには、基本的にすべて

「無料事前ミーティング」が含まれています。

「この曲はこんなイメージで録りたい」

「どんなレコーディングの手法をとればイメージに近づけるだろうか?」

「事前に固めてくるべきポイントは?」

などを、エンジニアと事前に打ち合わせることで、

不安なくレコーディングに望める体制を

サポートいたします。

時間を別途割いてまでミーティングを設けるのは、

「レコーディング」というアーティストにとって

とても重要なものをおまかせ頂く以上、

そのアーティストが最も輝く瞬間を録音したいと

考えているからです。

ぶっつけ本番ではなく、

あらかじめ意思の疎通をはかっておくことで

その「瞬間」の質は、はっきりと向上します、

おかげさまで、初めてのレコーディングで不安な

レコーディングビギナーさんからはもちろん、

しっかりとイメージを持って臨むベテランバンドさんからも好評と信頼をいただいております。

音楽スタジオ直営のレコーディングだから、

「いつも使っているあの機材」でレコーディングが

できる。これは、実は相当な強み。

ドラムセットや、ギター・ベースアンプなど、

レコーディング当日に初めて触る機材では

「いつもはもっとうまくできるのに!」

なんてことも当然、発生してしまいます。

また、レコーディングで使用する部屋は基本的に

「デッド(音が飛ばない)な音響環境」です。

鏡張りの部屋などは「ライブ(音が反響しやすい)な音響環境」ですので、普段そういったスタジオで練習している場合のプレイ感覚とは大きくズレて

しまい、いざレコーディングをするときに、

なんだか「演奏が気持ち悪い」なんてことも。

その点、VETIXでは、

いつもスタジオで使っている「あの機材」を、

そのまま利用可能。

ご希望があれば通常練習の際にも

「RECルーム」を貸し出ししていますので、

レコーディング本番に向けた「レコーディングの練習」だってできちゃいます。(※通常練習時は録音は不可です。)

あらかじめ慣れておいた環境で、

しっかりと事前準備や練習を重ねてから望めば、

最高のテイクを録れること間違い無し。

VETIXでは、そんなREC環境を提供しております。

近鉄烏森駅時刻表(名古屋方面)(蟹江・四日市方面

とくに、県外からレコーディングにお越しの

アーティストさんに好評なのが、交通アクセス。
 

名古屋駅から車で8分。

黄金ICからも車で6分。

駐車場完備で入り口までもスロープ完備だから、

らくらく搬入ができて大量の機材でも安心!!

電車でお越しの際も、近鉄電車でなら7分。烏森駅で降りたら改札口から徒歩10秒の便利な立地!

こんな近くでレコーディングができるなんて!

と、驚きの声をいただいております(笑)

駅近ということもありコンビニも近隣に3件有り。

スタジオロビーにて飲食もご利用頂けますので、

ミックスダウン中などのちょっとした空き時間も、

ゆっくりとお過ごしいただける環境があります。

スタジオVETIXは、

おかげさまで2016年に

20周年を迎えることができました。

これまでVETIXでは、メジャー・インディー問わず

さまざまなジャンルのアーティストさんから

多種多様なご依頼を頂き、そのたびに成長して

まいりました。

もちろん、長ければ長いほど良い」というものでもありませんが、最近では、

「大好きなあのアルバムがここで録音されたと

聞いて、自分たちのもお願いしにきました」

と、お伝えくださる方などもいまして、

この20年の実績を誇りに思っています。

そして、その経験や過去に甘えること無く
これまで培ってきた実績や信頼を基に、

新たな技術や機材の投入など

もっと発展させて、日々精進し続ける姿勢が、

ベティックスの特徴あり魅力の一つです。