Recording

Room

特殊な音響設計により、音場はかなりデッド(音の跳ね返りを抑える音響)にしてあり、しっかりと「点が見える」ようになっています。
レコーディングで使用しない日は、通常練習にも開放していますので、レコーディング前の練習にもご利用いただけます。

Control

Room

ProToolsを核としたデジタル技術と高品位のアナログサウンドを融合させるレコーディングワークの心臓部。

後部のロングソファにいてもしっかりと音が届く設計であり、

​メンバー全員でリスニングしながらミックスの方向性を決めたり、テイクを判断するなど、思い通りのサウンドに近づけやすい環境となっています。

※一部機材は、運用の都合上、変更となる場合があります。